メルカリ招待コード

はじめてメルカリに登録する際、以下の招待コード入力で500円分のポイントがもらえます。  
Ras084
  ↑↑↑ コピーしてご利用ください
メルカリ招待コードの入力方法はこちら

【PR】記事中に広告を含む場合がございます トラブル

メルカリ複数アカウント作成の裏ワザが危険すぎる

ネット上を検索してみると、メルカリで複数のアカウントを作成する裏ワザみたいな情報を求めている人が結構いるようです。

今の時代、スマホを複数台使い分ける人も珍しくはないでしょう。

格安SIMを使えば、電話番号も複数持てるのでLINEのアカウントを相手によって使い分ける人も普通にいますからね。

スマホの使い分けに慣れている人でしたら、メルカリでも同じような使い方はできないのか? という考えに行き着くのも不思議ではないかと思います。

メルカリのアカウントを複数作ることができたら、同じ商品を別々のアカウントから大量に出品できたり、自作自演で招待コードを利用してポイントを稼げたり、キャンペーンにすべてのアカウントで応募したり…といった感じでいろいろできそうですよね?

しかし・・・

先に結論を言ってしまうと、メルカリではひとりのユーザーさんが複数のアカウントを所持することは禁止されています。

複数アカウントが発覚した場合、無期限のアカウント停止などの厳しいペナルティを受ける危険性があるのでご注意ください。

参考記事 自作自演によるメルカリ複数アカウントの運用の禁止

lucky
…とは言っても、実際には複数アカウントでメルカリを利用しているユーザーさんは存在しますし、これはあくまでも自己責任なので決して奨励するわけではありませんが、ペナルティのリスク前提で複数アカウントを取得する裏技的な方法もあったりするのも事実なんですよね~

そんな背景もあって、今回はメルカリの複数アカウントについてお届けします。

メルカリの複数アカウントはなぜ禁止?その理由とは?

メルカリの利用規約を確認すると、複数アカウント取得について以下のような記載があります。

「ユーザーは、複数のユーザー登録を行うことができないものとします。(4条2項)」

メルカリの場合、ヤフオクとは違って複数アカウントについてハッキリと登録を行うことができないものとすると書かれているわけです。

では、どうしてメルカリでは複数のアカウントを取得することが禁止されているのでしょうか?

その理由についていろいろと考えてみたのですが、以下のような結論に達しました↓

  • 評価稼ぎの自作自演の防止
  • 自分で自分を招待した自作自演で招待コードを入力して招待ポイントを稼ぐことができないように対策
  • 気に入らないユーザーを他のアカウントで攻撃できないように対策
  • 他のアカウントでいたずら購入されないための対策

上記の件について思ったのは、いずれも大きなトラブルを誘発する危険性があるということです。

ポイントは自作自演と他者攻撃ではないでしょうか?

簡単に言ってしまうと自分の利益をねつ造する行為と他者への嫌がらせですね。

メルカリが複数アカウントの取得を禁止する目的についてもいくつか考えてみました。

スポンサーリンク

自作自演による不正な自己利益の獲得を防止する目的

  • 自分の出品している商品を他の自分のアカウントで購入して不正に評価を水増しすること
  • 自分の招待コードを他の自分のアカウントで使用して招待ポイントを不正に獲得すること

上記で挙げたような問題が起こらないようにするためにも、メルカリでは複数アカウントの取得が禁止されているのではないかという考え方です。

メルカリにおいては、

フリマアプリという特性もあるのでできないかも知れませんが、複数アカウントによる自作自演といえば、ヤフオクでも価格の釣り上げ行為が問題として取り上げられることが多々ありますね。

もちろん、メルカリの出品は基本的にオークション形式ではないので、ヤフオクのような複数アカウントを使った価格の釣り上げ行為はできませんが、コメント欄を悪用して自分の有利な方向での取引を誘導することは可能といえば可能なんじゃないかなと…。

また、複数アカウントを駆使して自作自演で招待ポイントを不正に獲得することができてしまうと、実際にユーザー獲得のために広告費を支払っているメルカリ運営側としては大きな損失につながる危険性もあります。

招待ポイントというのは、もちろんユーザーにとっては魅力的ですが、メルカリ運営側にとっては広告費や宣伝費などに当たるわけで…

顧客獲得コストを投資しているので、もし複数アカウントで自作自演で招待ポイントを獲得されてしまうと費用対効果が見込めなくなってしまいますからね。

危険!注意!
メルカリ招待コードの自演はできる?やり方は?

メルカリの招待コード入力で500ポイントが貯まるというシステムは、非常によくできていてメルカリユーザーにとって魅力的な仕組みですよね? 招待した人と招待された人の両者が得をして、さらにメルカリの運営と ...

他のアカウントで嫌がらせができないようにする目的

これはメルカリに限った話ではありませんが、基本的に複数アカウントの取得ができてしまうネット上のサービスというのは、いくつかあるアカウントを本垢と捨て垢といった感じで分類して使用する流れになることが多かったりします。

本垢では一切不正なことはせずにクリーンな状態を維持して、捨て垢でストレス解消なのか(?)気に入らないユーザーさんへの嫌がらせだったり、愉快犯的なイタズラをするといった使い方は、匿名性の高いTwitterなどではよくあることですよね?

もしメルカリで複数アカウントの取得を認めてしまうと、本垢は利用規約に一切違反せず、いくつか所持している捨て垢を通報専用垢だとか、値下げ交渉専用垢、横取り用垢などといった感じで使い分ける人が出てくる可能性は非常に高いと考えられます。

そういった状況が定着してしまうと悪質なユーザーが増えるので、やはり先手を打って複数アカウントの取得を禁止する必要性が出てくるというわけです。

これらの複数アカウントが禁止されている理由については、メルカリ運営側が公式にアナウンスしている理由ではないので、あくまで1ユーザーの視点での話に過ぎませんが、不正行為を回避するために複数アカウントの取得が禁止されていると考えると腑に落ちるのではないでしょうか?

スポンサーリンク

メルカリで複数のアカウントを量産する方法

実践するかどうかは別として、どのようにメルカリで複数のアカウントを作成するのか知りたい人も当然いることでしょう。

利用規約で複数アカウントの取得を禁止しているメルカリですが、実際にはアカウント停止などの厳しいペナルティを覚悟のうえ、自己責任でアカウントを量産しているユーザーも実際に存在します。

禁止されているとはいえ、複数アカウントの取得は可能といえば可能というのが現状です。

ただし、アカウント利用停止などの厳しいペナルティがあるのは覚悟してください。

複数アカウントの取得を奨励するつもりは一切ありませんが、興味のある人が多いということもあり、一応、知識としてリスクも含めてその方法について触れておきます。

念を押しておきますが、この記事は複数アカウントの作成をお勧めするものではありませんので誤解、曲解のないようにお願いします。

とはいえ、こういった手口はいずれ塞がれることでしょう。

メルカリで複数のアカウントを取得する際には、まず以下のものを用意しておく必要があります。

  1. メールアドレス
  2. 電話番号
  3. 端末(スマホ、タブレット)
  4. 銀行口座

上記については、すべて異なるもので、いずれも過去にメルカリに登録したことがないという条件付きです。

できれば名義も家族のものなど使い分けたほうが良いでしょう。

住所に関しては、同居人は同一住所になるので被っていても不思議ではありませんが、たとえば一人暮らしであれば実家の住所といった感じで、メインでメルカリに会員登録しているものとは違う住所で登録したほうが、運営にもバレ難いと言われています。

人によっては完全に違う住所での登録が前提だったりするので何とも言えないといった感じですが…。

ただ他人名義の住所や銀行口座を用意するというのは、たとえ家族のものであってもメルカリ登録以前に法律的に問題になる場合もあるので、くれぐれも気をつけてください。

というか…最初から危ない橋は渡らないほうが賢明です。

そして、メルカリで複数のアカウントを量産するには、それに応じて複数のスマホやタブレットなどの端末が必要になります。

用意した複数の端末からそれぞれ異なるメールアドレス、電話番号、銀行口座、住所などでメルカリに会員登録してアカウントを複数取得していきます。

以上が誰でもネットで調べれば行き着くメルカリのアカウントを複数作成する裏ワザです。

スポンサーリンク

メルカリのアカウントを複数作る際の注意事項

何度も書きますが、複数アカウントの取得はメルカリの規約違反です。

もし複数アカウントの登録が発覚した場合は、無期限の利用停止などといった厳しいペナルティを受ける危険性があります。

必要なアカウントの数だけ端末や銀行口座を用意したりといった手間を考えると、リスクのほうが高く、割に合わないですよね?

それでも、複数アカウントを取得する場合は、注意点としてメルカリ招待コードの入力は避けたほうが良いでしょう。

複数のアカウントは一度に量産するのではなく、時間を置いてひとつずつ作成します。

また、住所や銀行口座の登録については、複数アカウントがメルカリ運営にバレるからというような理由ではなく、他人名義のものを使うこと自体、新たなトラブルや問題が発生する可能性が高く、場合によっては法律に触れる危険性もあるので非常にリスクが高いことを認識しておいてください。

以上を踏まえたうえで、決してお勧めはできませんがメルカリの複数アカウント取得についてお届けしました。

決して複数アカウントの作成をお勧めする趣旨の記事ではないことをご了承ください。

このような仕組みで複数アカウントが取得できてしまうという現状があることをお伝えするために書いています。

なお、この手法が現在も有効かどうかは保証できません。

あくまでも以前、有効だった方法としてご理解ください。

lucky
それでも複垢でやってる人がいるってことは何か裏があるんでしょうねぇ…?

メルカリのアカウントを購入するのはOK?

先ほどメルカリで複数アカウントを作成する裏ワザ(?)について書きましたが、もっと手っ取り早くメルカリのアカウントを手に入れる方法がありました。

メルカリのアカウントを売ってもらえばかんたんです。

TwitterなどのSNSやネットオークションなどでメルカリのアカウントを販売している人たちがいます。

たとえば、Twitterのハッシュタグ検索ではこんなものがありました。

いったいどんな人がメルカリのアカウントを売りたがっているのでしょうか?

実際にTwitterでメルカリのアカウントを売りたい人を調べてみると共通点がありました。

Twitterでメルカリのアカウントを売りたがる人たち

Twitterでメルカリのアカウントを売りたがる人たち

メルカリのアカウントを売りたがっている人たちは、お金に困っているようです。

「お金に困っているなら、その人のメルカリアカウントを買ってあげれば人助けになるのでは?」なんて安易な考えが頭をよぎるかも知れませんが、アカウント売買はメルカリの利用規約違反なのでご注意ください。

アカウントを売った側はもちろん、買った側も複数アカウントの所持になるのでペナルティを課される危険があります。

また、2017年6月にはメルカリのアカウントを不正に複数取得してオークションで販売したとして逮捕者が出ています。

逮捕
メルカリで複数のアカウントを転売して逮捕者が出た件

メルカリでは昨今、悪質なユーザーの取り締まりに力を入れていて、中にはアカウント停止のペナルティを受けて無期限の利用停止となった人もかなり出ているようなんですが・・・ そういった人たちの需要に答えるかの ...

メルカリで複数のアカウントを持つことは、やり方さえ知っていれば誰でもできてしまいますが、決して安全とは言い切れません。

仮にメルカリのアカウントを買うだけなら、ペナルティは課されても逮捕はないだろう…と考える人もいるかも知れませんが、自分がアカウントを売ってもらった人が逮捕された場合、警察から連絡が来る可能性もありますからね。

メルカリのアカウントを複数購入したい人って?

売る人がいるなら買う人もいる…ということで、メルカリのアカウントを買う人はいったいどんな人なのでしょうか?

インターネット上を「メルカリ アカウント 複数」といったキーワードで検索してみると、この記事の内容とだいたい同じようなブログがいくつかヒットすると思います。

そんな中でも目立つのが、せどり・転売系ブログです。

海外輸入ビジネスなんかのブログもありますね。

中国のネットショップから単価数百円で仕入れた商品をメルカリに大量出品している人は昔からいますよね?

出品者はそれぞれ違うのに商品画像や説明文は使いまわしみたいなアカウントは、複数アカウント運用の可能性も考えられます。

こういったせどり・転売系の人たちは仕入れた商品を一度にたくさん出品すればするほど売れる確率はもちろん、売上金もアップするのでメルカリに限らず、複数アカウントを使い分けるのでしょう。

ニュースなどで転売屋による買い占め行為が度々報道されたりしますが、彼らは複数のアカウントで大量に同じ商品を売りさばいている可能性が高いのではないかと思います。

また同一商品を自動的に出品するツールなんかも、せどり・転売系の人たちの間で利用されているようです。

大量に仕入れた商品を自動で出品するには、複数のアカウントを持っていた方が便利ですからね。

しかし、こういった使い方はメルカリの利用規約に違反します。

メルカリで複数アカウントがバレたらどうなる?

先ほどメルカリの複垢がバレたら厳しいペナルティを課されるという話をしました。

具体的に考えられるペナルティについて整理すると、以下のとおりです。

メルカリ複垢のペナルティ
  • アカウント利用停止
  • アカウント利用制限
  • 売上金没収

アカウント利用停止処分を受けた場合、今後メルカリを利用できなくなります。

アカウント利用制限については、以下の記事を参考にしてみてください。

そして売上金の没収は、売上金が出金できなくなります。

売上金だけでなく、ポイントも消滅する可能性があるので痛いですね…

メルカリのアカウント運用は安全に!

最後になりますがメルカリに限らず、利用規約は守るというのが大切です。

裏ワザといえば興味を惹かれますが、メルカリ複垢は立派な規約違反であり、危険な行為だということを自覚しておきましょう。

一部のせどらー・転売ヤーと呼ばれる人たちは、テクニックやノウハウのひとつとしてメルカリで複数アカウントを使い分ける方法を発信しているようですが、軽い気持ちで実践すると痛い目に遭うかも知れません。

メルカリのアカウントは安全に運用するのが一番です。

↑SNSで共有・拡散↑

スポンサーリンク

-トラブル