メルカリ招待コード

はじめてメルカリに登録する際、以下の招待コード入力で500円分のポイントがもらえます。  
Ras084
  ↑↑↑ コピーしてご利用ください
メルカリ招待コードの入力方法はこちら

【PR】記事中に広告を含む場合がございます 出品

メルカリの目のマークで商品ページの閲覧数がわかる

メルカリで自分が出品した商品を確認してみたら、目のマークが気になったというユーザーさんも結構いるようです。

実はこの目のアイコンの横に表示されている数字を見れば、その商品の閲覧数がわかります。

とはいえ、メルカリの閲覧数はあくまで目安であり、正確な数字ではありません。

また条件によって閲覧数が減ることもあります。

しかし、閲覧数はメルカリに出品した商品が売れやすいかどうかを判断する基準のひとつでもあるので、数字の見方や活用方法を知っておいて損はないでしょう。

とくにメルカリに出品した商品がなかなか売れない場合は、まずその商品がどれくらい閲覧されているかをチェックすることで需要の有無を知る必要があります。

この記事ではメルカリに出品した商品の閲覧数がわかる目のマークについて言及しています。

メルカリの閲覧数はどこで見る?

メルカリの閲覧数は以下の条件で見ることができます。

メルカリで閲覧数が見れる条件

  • 自分が出品した商品
  • いいね!した商品

上記はいずれもマイページから確認できます。

自分がメルカリに出品した商品の閲覧数を見る方法

メルカリの出品した商品のページに表示される目のマークでアクセス数がわかるまずは自分がメルカリに出品中の商品が、どれだけ見られているかを確認する方法について解説していきます。

出品した商品の閲覧数は、目のマークの横に表示された数字でわかります。

閲覧数は、以下の手順で確認できます。

メルカリで閲覧数を見るにはどうする?

  • アプリを起動したらマイページを開く

    メルカリのマイページをタップ

  • 「出品した商品」を選択

    メルカリのマイページで「出品した商品」を選択

  • 「出品中」を選択
    メルカリで出品中の商品
  • 目のアイコンの横に表示された数字で、その商品の閲覧数を確認
    メルカリの目のマークで閲覧数を見る

目のマークの横に表示された数字がその商品の閲覧数です。

スポンサーリンク

いいね!一覧から閲覧数を見る方法

メルカリでは自分がいいね!した商品の閲覧数も見ることができます。

自分以外のメルカリユーザーさんが出品した商品の閲覧数を見るには、いいね!しておく必要があります。

いいね!した商品の閲覧数を見る方法は以下のとおりです。

メルカリのいいね!一覧から閲覧数を見るには?

  • アプリを起動したらマイページを開く

    メルカリのマイページをタップ

  • 「いいね!・閲覧履歴」を選択
    メルカリのマイページで「いいね!・閲覧履歴」を選択
  • 「いいね!」を選択
    メルカリのいいね!一覧
  • 目のアイコンの横の数字でその商品の閲覧数を確認
    メルカリの「いいね!・閲覧履歴」で目のアイコンの横に表示された閲覧数を見る

メルカリで自分以外のユーザーさんが出品している商品の閲覧数を見る方法は、今のところこのやり方だけです。

いいね!していない商品の閲覧数は確認できません。

スポンサーリンク

メルカリの目のアイコンでわかるのはアクセス数だけで誰が閲覧したのかはわからない

メルカリで出品した商品のページに表示される目のマークでわかるのは、あくまでその商品のアクセス数だけで、いわゆるSNSなどに付いている足あと機能とは違います。

SNSの足あと機能は、自分のページに誰がアクセスしたのかがわかるようになっていますが、メルカリの場合、目のマークの横には数字しか表示されていませんし、実際に誰がその商品を閲覧したのかまでは特定できません。

なので、SNSのように相手の商品ページに足あととして履歴が残る心配も無用です。

目のアイコンの横の数字は、単純にどれだけの人がその商品を閲覧したかだけを意味します。

メルカリの商品ページには目のマークがない!閲覧数は表示されない

メルカリの目のマークは、「出品した商品」と「いいね!・閲覧履歴」のページに表示されるだけで商品ページには表示されません。

なので、閲覧数が知りたい時は必ず先ほど紹介した手順通りにマイページから「出品した商品」「いいね!・閲覧履歴」を選択する必要があります。

メルカリの検索結果画面やプロフィールページに表示されている商品をチェックしても、目のマークはないのでご注意ください。

スポンサーリンク

web版メルカリでは目のマークは表示されない

パソコンからログインしてweb版メルカリを利用している場合、出品した商品のページには目のマークは表示されません。

web版メルカリの出品した商品今後はどうなるかわかりませんが、現時点では目のマークが表示されるのはアプリ版メルカリのみとなっています。

他にもweb版メルカリでは一部利用できない機能があるのでご注意ください。

メルカリの閲覧数に自分はカウントされないけど同じ人が何回も見ると増える?

メルカリの閲覧数は、自分のアクセスはカウントされません。

自分が何回、出品中の商品を見たとしても閲覧数は変わらない仕様になっているようです。

しかし同じ人が何回もその商品ページにアクセスすると、その分閲覧数は増えてしまいます。

なので、閲覧数が多いからといってその商品が売れるわけではないということです。

閲覧数が多いのに一向に売れない商品、または閲覧数だけが伸びていて「いいね」が増えない商品は、同じ人が何度も閲覧しているだけかも知れません。

スポンサーリンク

閲覧数よりも「いいね」の数が多いのはなぜ?

メルカリで「いいね」をつけるには、商品ページにアクセスする必要がありますが、その商品が閲覧された数よりも「いいね」の数のほうが大きくなっている場合が多々あります。

たとえば「いいね」が100個付いているのに、目のマークの横の数字が30だったとすると、商品ページにアクセスした人は30人しかいないのに、どういうわけか「いいね」が100個付いているといった感じです。

この場合、100個の「いいね」がついているということは、最低でも100人のアクセスが必要なので、本来ならば目のマークの横の数字も100以上にならなければ、計算が合いませんよね?

閲覧数よりも「いいね」の数が多い理由は、直近で1ヶ月間のアクセスをメルカリでは閲覧数としてカウントしているからです。

1ヶ月以上前の閲覧数は目のマークの横の数字には含まれていないため、実際の「いいね」の数と閲覧数のバランスは崩れます。

メルカリで目のマークの数字が減る理由は閲覧数のリセット

メルカリの目のマークの横の数字は直近1ヶ月の閲覧数を表すものです。

なので、1ヶ月が経過すれば当然減少します。

1ヶ月が経過すると古い閲覧数から消えていきます。

メルカリの閲覧数は、1ヶ月のアクセス数だと考えておけば良いでしょう。

閲覧数が減った商品は、出品から1ヶ月以上経っても売れないということなので、何かしら対策が必要です。

スポンサーリンク

メルカリで目のマークの数字が0になった?

先ほどメルカリの閲覧数は直近1ヶ月しかカウントされず、1ヶ月以上経つと古いものから消えていくと書きましたが、突然、閲覧数が0になる場合もあります。

出品した商品を編集するとメルカリの閲覧数は0になります。

つまり、出品中の商品を編集することで閲覧数を強制的にリセットできるということです。

知らずに「突然メルカリの閲覧数が0になった」と焦る人もいるみたいですが、原因としては出品中の商品を編集している可能性が考えられます。

メルカリの閲覧数だけが多くても売れない

メルカリの閲覧数はあくまで目安であり、閲覧数が多いからといってその商品が売れるとは言い切れません。

閲覧数が多いという理由で、商品が売れることを期待しているとガッカリする結果になるかも知れません。

メルカリの閲覧数というのは、あくまで1か月間のアクセス数だと割り切って考えた方が良いでしょう。

ただし、閲覧数が多いということは、その商品の興味や注目度を測る基準にもなります。

たとえ同じ人が何回もその商品を閲覧していたとしても、それだけ興味を持っていると考えることもできますからね。

とくに購入を決断するのに何度も商品情報を確認して、検討に検討を重ねるような商品は閲覧数が増える傾向が強いのではないでしょうか?

スポンサーリンク

メルカリの閲覧数を増やす方法

メルカリの閲覧数を増やすには、まず多くのユーザーさんから注目される必要があります。

注目を集めるためには、まず見た目のインパクトが重要です。

たくさんの商品が並んでいる中で目を引くような写真を用意できたら、とりあえず興味本位でも詳細を確認したくなりますよね?

「この写真目立つけど、一体どんな商品なんだろう?」と興味を持ってもらえば、気になって閲覧する人は一定数いたりするものです。

思わず商品ページを見てみたいと思わせるには、商品の写真を加工して目立つ色の枠で囲ったり、文字を入れてみたり…といった創意工夫が重要です。

とくに同じような商品がたくさんメルカリに出品されている場合は、似たような写真ばかりなので、どうしてもインパクトが弱くなります。

メルカリで閲覧数を伸ばすには、まず商品の写真で目を引くことが重要です。

ただし、目的はあくまで出品している商品を売ることであり、閲覧数を増やすことではありません。

商品画像で目を引いて興味本位で閲覧する人が増えても、その商品を買いたいと思ってもらわなければ売れませんからね。

閲覧数よりも「いいね」を増やした方が良いでしょう。

スポンサーリンク

メルカリの閲覧数は何に利用できる?(目のマーク活用法)

最後にメルカリに自分が出品した商品の閲覧数をチェックすることで、いったい何ができるのかを考えてみましょう。

メルカリの目のマーク活用法です。

確かに目のマークの横の数字が増えれば単純に嬉しいですし、出品に対するモチベーションも上がると思います。

しかし先ほども書いたとおり、閲覧数が多ければその商品は売れるのか?というと、それはまた違う話だったりします。

もちろん、閲覧数が多いのに全然売れない商品も出てくる可能性はありますし、逆に閲覧数が少ないのに即売れする商品もあるかも知れません。

また、売れない商品というのは何かしらの理由があるものです。

メルカリに出品した商品の閲覧数は、単に数字を眺めて一喜一憂するためのものではありません。

閲覧数からいろいろと想像してみることが大切です。

たとえば閲覧数はそれなりに多いのに、まったく「いいね」がつかない商品は、購入したいという欲求に今ひとつたどり着かない可能性が考えられます。

閲覧した人がその商品を買いたいと思わない理由は、商品の写真かも知れませんし、販売価格が高いからかも知れません。

同じ商品をメルカリで検索して、とりあえず「いいね」しておけば、マイページの「いいね!・閲覧履歴」からその商品の閲覧数を見ることができます。

同じ商品を出品している自分以外の人も閲覧数に対して「いいね!」が伸びないのであれば、その商品自体にあまり需要がないのかも知れません。

徐々に値下げしてみたり、再出品してみたり、いろいろ試してみると良いでしょう。

これまで全然売れなかった商品を再出品してみたらすぐに売れた…なんてこともメルカリではよくある話ですからね。

タイミング
参考メルカリで再出品するタイミングはいつがベスト?

メルカリに出品したものの売れずにそのまま放置されてしまった商品は、頃合いを見計らって再度、出品し直すことで売れることも多々あります。 しかし、再出品するといってもタイミングが重要だったりします。 また ...

続きを見る

ぜひこの機会に閲覧数から自分の出品した商品の需要を分析してみると良いでしょう。

メルカリ出品者さんは必読!

メルカリ出品者マニュアル

メルカリ出品者さんは、こちら↑をお読み頂ければ、出品方法やその手順、商品を少しでも高く売るためのコツ・テクニック、梱包・発送、注意点、トラブル対処法などが一通りわかるようになっています。

↑SNSで共有・拡散↑

スポンサーリンク

-出品