出品停止・ペナルティー

メルカリのペナルティーの原因と利用制限

投稿日:2017-04-03 更新日:

人が何かの目的を持ってたくさん集まる場所にはルールが必要ですよね?

どれだけたくさんの人が集まってもそこが無法地帯だったらトラブルばかりで、快適なサービスは成立しません。

メルカリにおいてもそれは同様です。

会員さんはルール(利用規約)を守る必要があるわけです。

しかし、多種多様な価値観を持った人たちが多数、集まると中には無茶する人やルールを無視して暴走するような人も出てきてしまうものなんですよね…

当然、メルカリにおいても利用規約を守れないユーザーさんにはペナルティーが課されます。

…ということで、今回は、メルカリのペナルティーについて書きますね。

スポンサードリンク

ペナルティーを受けてから「知らなかった」では済まされない場合も多いので、メルカリを利用するのであればきちんと理解しておいてください。

どうすればペナルティー?

メルカリでペナルティーを受けるということは、当然、その背景には原因があります。

そのほとんどが利用規約に違反する行為だったりするのですが、具体的にどんな時にペナルティーを受けてしまうのか?をいくつか挙げてみると以下のような場合が多いのではないかと思います。

  • 出品禁止物を販売した場合
  • メルカリ外での直接取引を持ちかけた場合
  • 取引が成立しているにも関わらず商品を発送しない場合
  • 売買ではなく交換やメルカリで用意された以外の決済方法を持ちかけた場合
  • 送料込みの商品を着払いで発送
  • 郵便局留めで郵送
  • アマゾンギフト券やウェブマネー、iTunesギフトなどでの決済を持ちかけた場合
  • 自作自演の複数アカウントの運用

細かいところを追求すれば、まだまだペナルティーを受ける原因は出てくると思うのですが、だいたい上記の場合が多いようです。

簡単にではありますが、ひとつひとつ考えていきます。

いずれの行為も発覚したらペナルティーの対象となるので気をつけてください。

出品禁止物の販売

メルカリでは出品していけない商品が規定されています。

出品禁止物については、下記の記事で以前にも解説しているので参考にしてみてください。

危険!注意!
メルカリの出品禁止物と注意事項

メルカリは、スマホひとつで簡単に商品を出品できる手軽さが非常に便利なんですが、どんな商品でも出品できるわけではありません。 当然、利用規約で出品禁止とされている商品があります。 メルカリに出品する前に ...

現在のルールは将来、改定される可能性も考えられますので、利用規約は定期的にチェックしておくと良いでしょう。

メルカリ外での直接取引

当然ですが、メルカリでの取引は商品ページから購入手続きをして決済を完了する必要があります。

メルカリに出品されている商品をメルカリを通さずに取引することは固く禁止されています。

メルカリに自分の商品を出品しておきながら、プロフィールに外部での取引を誘導するような文言を記載していたり、コメント等で直接金銭のやり取りを求めるようなユーザーさんもいるようなので気をつけてください。

また、他のフリマアプリに同一商品を出品して、取引はそちらでというのもメルカリの利用規約に抵触します。

取引が成立しているにも関わらず商品を発送しない

出品している商品が売れたら発送するのは当たり前の話なんですが、以前、メルカリでは、発送対応しない出品者が問題になったことがあります。

メルカリ事務局側でも「発送対応しない出品者の取り締まりについて」というお知らせがありました↓

メルカリで発送対応しない出品者の取り締まりについて

上記のメルカリ事務局からのお知らせでは、以下の2つについての問い合わせが増加しているとあります。

  • 発送予定日を過ぎても商品を発送しない(取引メッセージでの連絡がない)
  • 購入前にコメント必須など、独自ルールによって商品の発送を拒否された

ザックリと簡単に言うと、取引成立後の音信不通とマイルールが問題となっています。

実は私も過去に何回かメルカリで購入した商品がいつまで経っても送られて来なかったという経験はあります。

商品が送られて来ない場合は、取引キャンセルが可能なので、まぁ、何とかなりましたが…。

参考記事 発送期間を過ぎても商品が発送されない場合はキャンセルボタンで事務局に依頼

マイルールは出品者側と購入者側で色々と言い分も異なったりして、相変わらず現在も問題になることが多かったりします。

この場合、問題となっているのは「購入前にコメントせずに即購入した場合は商品を発送しない」といった独自ルールのことですね。

独自ルールについては、下記の記事を参考にして頂けたらと思います。

NG
メルカリのマイルール(独自ルール)押し付けはトラブルのもと?

メルカリに少し慣れてくると、プロフィールや商品説明文に、やたらと取引について条件を押し付けるかのような記載をしているユーザーが目に付くことがあるかと思います。 たとえば「プロフ必読!!」だとか、「即購 ...

売買ではなく交換・メルカリで用意された以外の決済方法を持ちかける

たまにメルカリに出品されている商品を見ていると、価格が999999円とか普通に考えて誰も購入しないような値段に設定されていて説明文に「〇〇のアカウントと交換可」と書かれたものがあったりします。

〇〇というのは、課金したゲームのアカウントの場合がほとんどだったりするんですけどね。

また、直接的に物々交換を持ちかけるようなものも中にはあったりしますが、そういった取引はNGなので気をつけましょう。

送料込みの商品を着払いで発送

メルカリで送料込みで出品されていた商品を購入して、突然、着払いで届いたらどう思いますか?

メルカリには問題のある商品やユーザーを通報する機能があります。

通報
メルカリでの通報の仕方!2つの方法を紹介?

メルカリは、フリマアプリの中でもとくにユーザー数の多いこともあって、残念ながら不適切な商品が出品されているケースもあります。 中には悪質な出品者も紛れ込んでいたりするので、明らかに正規品ではない偽物や ...

また、出品されていたものと実際に受け取った商品が違うものだった場合、取引をキャンセルすることも可能ですし、キャンセルした場合、購入者側にはペナルティーはとくにありません。

取引キャンセルだけで済めば良いかも知れませんが「購入時は送料込みだったのに実際には着払いで届いた」とメルカリ事務局に通報されてしまったらどうでしょうか…?

ペナルティーの危険はありますよね?

郵便局留めで郵送

メルカリでは商品の発送先を郵便局留めにすることは禁止行為となっています。

メルカリのルールとマナーにもしっかり記載されています。

メルカリのルールとマナー

引用元URL:https://guide.mercariapp.com/jp/contents/2

住所などの個人情報を取引相手に知られたくない場合は、らくらくメルカリ便の匿名配送を利用しましょう。

発送
メルカリの匿名配送の方法【らくらくメルカリ便】

メルカリで商品を発送する時、購入者でも出品者でも個人情報を相手に知られてしまうことに抵抗がある人は以外にも多いのではないでしょうか? 取引相手に自分の本名や住所を知らせることもなく、商品を発送すること ...

アマゾンギフト券やウェブマネー、iTunesギフトなどでの決済を持ちかける

購入した商品の支払いをアマゾンギフト券、ウェブマネーなどの金券で求めるという行為は、交換やメルカリ以外で用意された決済方法と見なされる可能性が非常に高いです。

メルカリのルールとマナー

引用元URL:https://guide.mercariapp.com/jp/contents/2

自作自演の複数アカウントの運用

原則としてメルカリはひとり1アカウントがルールです。

自作自演で複数のアカウントを運用しているのが発覚した場合は、当然、ペナルティーのリスクを負うことになります。

よく転売関係の人がブログなどで複数アカウントを勧めていたりすることがありますが、ペナルティー覚悟の自己責任なので気をつけてください。

ちなみに私は、1アカウントしか持ってませんよ(笑)

一度、退会後に再びメルカリに再登録するのはOKです。

退会
メルカリの退会方法は?再登録はできる?

メルカリに限った話ではないでのですが・・・ どんなに便利なサービスでも利用しなくなれば、退会するというのは仕方のないことです。 メルカリにおいてもそれは例外ではありません。 理由は人それぞれでしょうが ...

ペナルティーの種類

メルカリの利用規約に抵触してしまい、運悪くペナルティーを受けると出品が一時的に停止されたり、出品自体が削除されることがあります。

ペナルティーを受けると以下の機能が利用制限されます。

  • いいねボタンが押せない
  • 出品できない
  • コメントが書き込めない
  • 購入ができない
  • 自分の出品商品が購入できない

ペナルティーを受けていても、現在取引中の商品に関する取引メッセージや、自分の出品している商品ページへのコメントは普通にできるようです。

また、ペナルティーによる利用制限をかけられる期間は、以下のものがあります。

  • 3時間の利用制限
  • 12時間の利用制限
  • 24時間の利用制限
  • 2日間の利用制限
  • 3日間の利用制限
  • 1週間の利用制限
  • 無期限の利用制限(アカウント停止/垢バン)

最悪、アカウント凍結という痛いペナルティーもあるので十分に注意しましょう。

永久にメルカリのアカウントが停止されてしまうと、原則として今後メルカリを利用することはできなくなってしまいます。

ペナルティーの判断はメルカリ事務局によって決められるので、どのような禁止行為の場合は何日間の利用制限を受けるといったような具体的なことはわかりません。

また、現在も明らかに禁止行為をしているにも関わらず、ペナルティーを受けていないユーザーもいたりします。

メルカリ運営側も、すべての取り締まりに対応し切れていないといった現状が、もしかしたらあるのかも知れませんね?

メルカリでペナルティーを受けないためにも、禁止行為についてはしっかりと理解しておくことが重要です。

禁止行為については、メルカリガイド>詳細ガイド>ルールとマナー>禁止されている行為で確認することができます。

lucky
禁止行為は危険な行為!ルールとマナーは定期的にチェックしよう!
スポンサードリンク
スポンサードリンク

↑SNSで共有・拡散↑

上記の各SNSボタンでこの記事を友達にシェア&拡散!

ピックアップ記事と広告

ブログランキングに参加しています!

↓応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 小遣いブログ フリマ・フリマアプリへにほんブログ村 通販ブログへ

メルカリの始め方

メルカリの招待コード入力で最大10,000円分のポイントが当たるチャンスを得る方法

おすすめ記事

ネットショッピングをお得に安く! 1

メルカリは、いつでもほしいものを手軽に安く手に入れることができるフリマアプリといった認識が常識となりつつありますが、その言葉をそのまま真に受けていると、場合によっては損をしてしまう可能性もあります。 ...

メルカリ招待コード 2

メルカリで商品を購入する場合、主に下記の3つの方法で支払いを行います。 クレジットカードによる支払い 売上金からの支払い ポイントによる支払い メルカリを始めて間もない頃は、売上金もないし、ポイントも ...

オファー 3

メルカリにオファー機能が追加されました。 オファー機能の搭載によって、メルカリで商品を購入する際に出品者さんに値下げをお願いしやすくなりました。 オファー機能を利用することで、これまでのように商品ペー ...

得する方法 4

メルカリでは確かにほしい商品を安く手に入れることができますが、時には他のネットショップなどで買い物をすることは誰だってあると思います。 また、メルカリも利用しつつ、ヤフオクも同時に使っていたり、とくに ...

クレジットカード 5

メルカリで買い物をする時、クレジットカード支払いを選択すると手数料は無料ですが、それ以外のコンビニ・ATM支払いなどは100円の手数料を負担しなければいけません。 メルカリユーザーさんの中には、学生さ ...

教科書を高く売りたい場合は? 6

メルカリを利用しているユーザー層には、20代の男女がたくさんいると言われています。 その中には大学生や専門学校生の方も当然、含まれています。 また、現在は社会人だったとしても、ここ1~2年の間に学校を ...

ファッション 7

ZOZOTOWN(ゾゾタウン)といえば、日本最大級のファッション通販サイトと言われるだけあって、メルカリユーザーさんの中にも利用者がたくさんいるようです。 送料も一時的にではありましたが、ユーザーさん ...

フリル(FRIL)手数料無料のフリマアプリ 8

2018年2月26日にフリルとラクマが統合して、フリルの名称がラクマに変更されました。 実は、こちらの記事はそれ以前のフリル時代に書かれたもので情報が古くなっていたため、一部加筆修正しつつ当時の文章も ...

5の倍数の日 9

ネットショッピングの上手な人は、メルカリやフリルなどのフリマアプリと、楽天市場やヤフーショッピング、オークションを使い分けて、常に一番良い条件でほしいものを手に入れています。 メルカリが何でも安く買え ...

得する方法 10

メルカリと楽天では、ただ単に買い物をするにしてもそれぞれの特徴は大きく変わります。 まぁ、フリマアプリとショッピングモールなので当然なんですけどね。 普段はメルカリで個人売買を主に買い物をするけど、年 ...

-出品停止・ペナルティー

Copyright© メルカリ愛 , 2018 All Rights Reserved.