以下のリンクからメルカリに登録+招待コード入力で、200円分のビットコインがもらえます!(※7/31まで)

今すぐ200円分のビットコインをGET!

メルカリ招待コード

はじめてメルカリに登録する際、以下の招待コード入力で500円分のポイントがもらえます。  
Ras084
  ↑↑↑ コピーしてご利用ください
メルカリ招待コードの入力方法はこちら

【PR】記事中に広告を含む場合がございます 使い方・やり方

メルカリの取引メッセージはいつまで使える?(2週間)

メルカリで過去に購入、もしくは販売した商品についてくわしい取引情報を確認したくなった時や、過去の取引相手と連絡を取りたくなることってありませんか?

たとえば、購入してから何週間か経った後、出品者さんに質問しないとわからない問題が出てきたりだとか…。

過去の取引メッセージを読み返さないと確認できない情報があったりだとか…。

メルカリでは取引完了後も期限つきではありますが、取引メッセージを使って相手と連絡を取ることは可能です。

ただし、取引完了後に取引メッセージを使う際には知っておくべきこともあったりします。

先ほど期限つきと書きましたが、取引完了後も取引メッセージが使えるからといって、相手への連絡を先延ばしにしていると痛い目に遭うかも知れません。

メルカリの取引メッセージについては以下の記事でも解説しているので、取引メッセージが何のことかわからない場合は合わせて参考にしてみてください。

この記事ではメルカリで取引完了後の取引メッセージが使える期限と注意点について掘り下げていきます。

メルカリの取引メッセージが見れない

メルカリでは取引終了後も取引メッセージの送受信や閲覧が可能だというのは、先ほど解説したとおりです。

しかし、取引完了後もメッセージが使えるとわかっていても、実際に取引画面を見てみると以下のようなメッセージが表示されて、過去の取引メッセージが閲覧できなくなっていたりするケースもあります。

取引完了後、2週間経過または最新取引メッセージから2週間が経過したため、取引メッセージを非公開にしました。

取引完了後、2週間経過または最新取引メッセージから2週間が経過したため、取引メッセージを非公開にしました。

メルカリで過去の取引画面を表示する手順は以下のとおりです。

メルカリで過去の取引画面を開く手順

  • マイページを表示
  • 「出品した商品」または「購入した商品」を選択
  • 「出品した商品」を選択した場合は「売却済み」をタップ
    「購入した商品」を選択した場合は「過去の取引」をタップ
  • 取引メッセージを確認したい商品を選択

もし取引が終了している商品の取引画面を開いた時「※取引完了後、2週間経過または最新取引メッセージから2週間が経過したため、取引メッセージを非公開にしました。」と表示されていたら、すでに取引メッセージは利用できません。

スポンサーリンク

メルカリの取引完了後2週間で取引メッセージは非公開になる

前述したとおり、メルカリでは取引完了後、または最新取引メッセージから2週間が経過した場合、これまでの取引メッセージは非公開にされてしまいます。

取引メッセージが非公開にされると、過去に取引相手とやり取りしたメッセージの履歴がすべて見れなくなります。

もちろん閲覧だけでなく、メッセージの送受信もできません。

削除ではなくあくまで非公開なので、おそらくメルカリ運営側は取引完了後2週間を経過した取引メッセージの内容を確認できるかも知れませんけどね。

メルカリの取引メッセージの有効期限は取引完了後2週間と覚えておきましょう。

取引完了から2週間以上経ってから買った商品に問題があった場合は?

メルカリでは取引完了後2週間で取引メッセージが非公開になるため、その後、購入した商品に不具合が発覚した場合、出品者さんと連絡が取れないと困りますよね?

もし取引完了後2週間を経過してから商品に問題が発覚した場合は、メルカリ事務局まで問い合わせると良いでしょう。

メルカリ事務局へのお問い合わせについては以下の記事を参考にしてみてください。

メール
メルカリ事務局に電話・メールで問い合わせる方法

メルカリを利用しているとトラブルに遭遇したり、わからないことが出てくることがあります。 たとえば、以下のような問題に遭遇した経験をお持ちのメルカリユーザーさんも結構いらっしゃるでしょう。 取引中の相手 ...

さすがに購入してから2週間以上経過している商品なので、もしかしたら返品・返金は厳しい可能性もありますが、諦めきれないのであれば、一応、ダメ元でもメルカリ事務局に相談したほうが良いかと思います。

スポンサーリンク

メルカリに出品している商品のコメント欄から連絡を取る方法もあり?

たしかにメルカリで取引完了後2週間が経過した相手と連絡を取りたい場合、その人が現在、出品している商品にコメントすることで連絡を取るという方法もあります。

しかし、この方法は相手にとって出品している商品とまったく関係ないコメントが付く可能性もあるため、不快感を与えてしまう可能性も出てきます。

もしかしたら返信もなく、書き込んだコメントも削除されるかも知れません。

参考
怒り
メルカリでトラブルになるコメント逃げ・無視・しつこい?

メルカリでは様々な価値観をもった人たちがたくさんの商品を出品しています。 メルカリに出品されている商品には値下げ交渉や質問など毎日、たくさんのコメントが付いたりしているわけなんですが・・・ 時にはコメ ...

続きを見る

取引メッセージが非公開になってから相手が出品している商品のコメント欄で連絡を取る際には、言葉遣いに気をつけるのはもちろん、タイミングも重要です。

トラブルにならないようにくれぐれも気をつけてくださいね。

取引メッセージ非公開が心配だったらスクリーンショットを撮っておく

メルカリでの過去の取引メッセージがどうしても必要な場合、取引中に重要なやり取りはスクリーンショットを撮っておけば、取引完了後2週間を経過しても、あとで確認できます。

ここまでする必要があるのかどうかは別として、商品を購入してからどういったやり取りをしたのかを後で確認する方法としては有効だったりします。

ただし、この方法では取引相手と連絡を取ることはできません。

あくまで自分が過去の取引メッセージを確認するための方法です。

とはいえ、取引完了後2週間を経過した商品についてメルカリ事務局に問い合わせる際、任意で画像を添付できるので、実際のやり取りが確認できるスクリーンショットが役に立つ可能性は十分にあるでしょう。

↑SNSで共有・拡散↑

スポンサーリンク

-使い方・やり方